【プレスリリース】

SRA OSS、Nginx、Fluentd などの OSS サポートを開始

2015 年 6 月 16 日
SRA OSS, Inc. 日本支社

2015 年 6 月 16 日 (東京) 発 - SRA OSS, Inc. 日本支社 (日本支社: 東京都豊島区、取締役支社長: 石井達夫、以下 SRA OSS) は、 SRA OSS が提供する「OSS サポートサービス」を改定し、オープンソースソフトウェア (以下: OSS) のサポートの対象ソフトウェアを拡充しました。 Web サーバとして近年利用が拡大している Nginx や、ログ収集基盤の Fluentd の他、計 8 個のソフトウェアのサポートを開始しています。

SRA OSS の「OSS サポートサービス」は、アプリケーションサーバ、Web サーバ、メールサーバ、LDAP サーバ、DNS、ftp サーバ、 キャッシュサーバ (Squid)、ロードバランサ、ファイル・プリントサーバ、セキュリティ関連ソフトウェア、NoSQL、HA、分散ストレージシステム、 ログ収集のような、ミドルウェアのサーバ群と、プロジェクト管理の OSS をサポートしています。 契約は、ソフトウェア単位で契約となります。

今回、サポート対象ソフトウェアの拡充に加えて、サポート価格帯も見直しました。 これまでは、複数台の契約の場合にサーバ台数分の費用をいただいていましたが、同一ソフトウェアの複数台契約において、 2 台からディスカウントが適用されるようになりました。

SRA OSS は、OSS のサポートサービスを主要ビジネスと位置付けており、現在有効なサポート契約で 600 を超える契約を保持しています。 サポート専用の Web システムをオリジナルで開発、サポート専任チーム体制を構築し、オープンソースソフトウェアのサポートを実施しています。 長年の経験と豊富な実績、お客様のお問い合わせに速やかに対応できる体制を構築し、お客様の OSS の活用を支援いたします。

OSS サポートサービス対象ソフトウェア

カテゴリ ソフトウェア
アプリケーションサーバ Tomcat
Web サーバ Apache、Nginx
メールサーバ Postfix、sendmail、Dovecot、Courier-IMAP
LDAP サーバ OpenLDAP
DNS サーバ BIND
FTP サーバ ProFTPD
キャッシュサーバ Squid
ロードバランサ / リバースプロキシ Pound、Nginx、HAProxy
ファイル / プリントサーバ Samba
セキュリティ OpenSSL
NoSQL Memcached、Redis、Cassandra
データベースサーバ SQLite
HAソフトウェア Pacemaker / Heartbeat / Corosync、Keepalived
分散ストレージシステム DRBD
ログ収集 Fluentd
プロジェクト管理 Redmine

OSS サポートサービス契約プラン

プラン名 価格 (年間 / 税別)
1 サーバプラン 200,000 円
4 サーバプラン 400,000 円
20 サーバプラン 1,000,000 円

※ 契約はソフトウェア単位となります。

OSS サポートサービス詳細
http://www.sraoss.co.jp/prod_serv/support/oss-support.php

SRA OSS について

SRA OSS は、OSS (オープンソースソフトウェア) の普及と発展を目指し、 国内独立系 SI ベンダーである株式会社 SRA の 100% 子会社として設立されました。 本社は米国カリフォルニア州におき、ワールドワイドな OSS ベンダーを目指しています。 日本においてはとくに PostgreSQL に強みを持ち、その他各種OSS のサポート、 プロダクト販売、コンサルティング、トレーニング事業を中心に展開しています。

本件に関する報道お問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 広報担当
Tel: 03-5979-2701
E-mail:
URL: http://www.sraoss.co.jp/

※ 本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。