【プレスリリース】

SRA OSS、オープンソースソフトウェアPacemaker、Heartbeat、DRBDによる HAソリューションPowerGres HA Pacemaker版の販売を開始

プレスリリースPDF版(179KB) PDF 形式

2013年11月20日
SRA OSS, Inc. 日本支社

2013年11月20日(東京)発 - SRA OSS, Inc. 日本支社(日本支社:東京都豊島区、取締役支社長:石井達夫、以下SRA OSS)は、 PostgreSQLをベースにしたデータベース製品のPowerGresファミリーに、オープンソースのHAクラスタソフトウェアとして 実績のあるPacemaker、Heartbeat、DRBDを組み合わせたHAソリューション「PowerGres HA Pacemaker版」の販売を開始しました。

PowerGresファミリーには、すでにHAソリューションとしてLifeKeeper版、CLUSTERPRO版があり、 今回のPacemaker版は第3のHAソリューションとなります。 初めてオープンソースのHAクラスタソフトウェアを採用し、 より「安価に」、「手軽に」高可用性を実現することが可能になります。

PowerGres HA Pacemaker版では、複数のソフトを使用しているためインストールや設定が煩雑になりがちな、 Pacemaker、Heartbeat、DRBDをSRA OSSがパッケージングし、簡単にインストールできます。 また、「PowerGres Cluster Manager」を同梱し、 2つのコマンドを実行するだけで、ノードの設定、コミュニケーションパスの作成、 各リソースの作成、ミラーリングの設定、データベースクラスタの初期化など、煩雑な設定作業を簡単に行えます。 また、IPMIに対応したデバイスを搭載したサーバであれば、 STONITHによるスプリットブレイン対策も簡単に設定できます。

PowerGres HA Pacemaker版は、製品および初年度サポートが付属したソリューションです。 障害が発生し、フェイルオーバーが発生した後の原因究明を行う際に、複数のソフトウェアのログを解析する必要がありますが、 サポート専用の情報収集ツールも付属しているので、 サポートへのお問い合わせがスムーズに行えます。

【PowerGres HA Pacemaker版 動作環境】

CPU Intel x86、AMD64およびIntel 64(EM64T)アーキテクチャのCPU
OS Red Hat Enterprise Linux 6.0以降、CentOS 6.0以降、
Red Hat Enterprise Linux 5.7以降、CentOS 5.7以降
メモリ 512MB(1GB以上推奨)
ハードディスク 500MB以上の空き容量

【PowerGres HA Pacemaker版 価格】

データベースは、「PowerGres on Linux」、「PowerGres Plus(Linux版)」からご選択いただけます。

サポートメニュー 製品+初年度サポート 次年度以降サポート
PowerGres on Linux HA Pacemaker版 基本2ノード構成 ビジネスタイム 1,050,000円
(税抜1,000,000円)
420,000円
(税抜400,000円)
プレミアム 1,470,000円
(税抜1,400,000円)
840,000円
(税抜800,000円)
PowerGres Plus HA Pacemaker版 基本2ノード(2CPU)構成 ビジネスタイム 1,260,000円
(税抜1,200,000円)
567,000円
(税抜540,000円)
プレミアム 1,827,000円
(税抜1,740,000円)
1,134,000円
(税抜1,080,000円)

サポートメニューについて、 ビジネスタイムはSRA OSS営業日の9:00〜12:00、13:00〜19:00 までのサポート、プレミアムは24時間365日のサポートとなります。

【PowerGres HA Pacemaker版 販売・出荷開始日】

販売開始日:2013年11月20日
出荷開始日:2013年11月20日

【PowerGres Pacemaker版 紹介イベントのお知らせ】

【PowerGres製品情報と購入について】

PowerGres HA Pacemaker版の詳細情報は下記のPowerGresファミリーサイトをご覧ください。
http://powergres.sraoss.co.jp/

PowerGres製品は、オンラインショップからのお見積依頼、ご購入が可能です。下記のSRA OSS Online Shopをご利用ください。
http://www.sraoss.co.jp/shop/

【PowerGresについて】

PowerGres は、「PostgreSQLをより使いやすく」、 「PostgreSQLをより安心して使う」、「PostgreSQLに安心のサポートを」をコンセプトに、2003年に販売を開始しました。 WindowsとLinuxプラットフォームを対象に、シングル構成、レプリケーション構成、 HA構成などに対応した様々なラインアップを提供しています。オープンソースではサポートに不安があるお客様や、 長期のサポートが必要なお客様、製品の組み込み用途などに9,000ライセンス以上を販売しています。

【PostgreSQLについて】

PostgreSQLはオープンソースデータベースの代表格として知られ、 日本ではWebシステムのバックエンドデータベースを中心として広く普及しているソフトウェアです。 SRA OSSは、日本で初めて商用のPostgreSQLサポートを開始したほか、 再帰SQL、マルチバイト対応の実装に対する貢献や、PowerGres開発で培ったWindows対応技術の提供などを行っています。

【SRA OSSについて】

SRA OSSは、OSS(オープンソースソフトウェア)の普及と発展を目指し、 国内独立系SIベンダーである株式会社SRAの100%子会社として設立されました。 本社は米国カリフォルニア州におき、ワールドワイドなOSSベンダーを目指しています。 日本においてはとくにPostgreSQLを中心としたOSSのサポート、 プロダクト販売、コンサルティング、トレーニング事業を中心に展開しています。

■ 本件に関する報道お問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 担当: 稲葉
Tel: 03-5979-2701
E-mail:
URL: http://www.sraoss.co.jp/

※本インフォメーション記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、  それぞれの所有者が商標権を保持しています。