プレスリリース

SRA OSS, PostgreSQL 8.2 対応の
PowerGres on Linux HA V5 をリリース

詳細情報はこちら

2008 年 1 月 16 日
SRA OSS, Inc. 日本支社

2008 年 1 月 16 日 (東京) 発 - SRA OSS, Inc. 日本支社 (日本支社: 東京都豊島区、取締役支社長: 石井達夫、以下 SRA OSS) は、 PostgreSQL 8.2 に対応した高可用性ソリューション PowerGres on Linux HA V5 を、本日より発売開始いたしました。

オープンソースデータベースである PostgreSQL の利用は年々高まってきており、止められないシステムでの採用が増えてきています。
これにより PostgreSQL においても高い可用性が求められるようになってきています。

SRA OSS ではこの問題を解決するために、PostgreSQL をパッケージ化し簡単なインストールと使いやすさを追求した "PowerGres on Linux" と、 Linux で実績のある HA クラスタソフトの "LifeKeeper" を組み合わせ、更にワンストップのサポートを含め "PowerGres on Linux HA" という商品にしました。

PowerGres on Linux HA は、止められない Web システムのバックエンド DB を中心として幅広い分野で採用されており、 データベースの障害対応までを含むワンストップサポートによる即座な対応や既存のデータベースからの移行が簡単であることなどから顧客に高い評価を得ています。

今回のバージョンアップでは、PostgreSQL 8.2 ベースにしたほか、リカバリーキット(LifeKeeper と PowerGres on Linux を接続するソフトウェア)にも 改良を加え、よりきめ細やかな設定が可能になっています。

【PowerGres Webページ】
http://powergres.sraoss.co.jp/

SRA OSS について

SRA OSS は、OSS (オープンソースソフトウェア) の普及と発展を目指し、国内独立系 SI ベンダーである株式会社 SRA によって設立されました。
本社は米国カリフォルニア州におき、ワールドワイドな OSS ベンダーを目指しています。
日本においては特に PostgreSQL を中心とした OSS のサポート、プロダクト販売、コンサルティング、トレーニング事業を中心に展開しています。

PowerGres on Linux について

PostgreSQL が最も良く利用されているプラットフォームである Linux 向けに、 インストーラとオリジナル管理ツールを付属させるなど使いやすさを追求したデータベース製品。
PostgreSQL と 100% 互換で PostgreSQL からの乗り換えも簡単です。

PostgreSQL 8.2 について

ソースコードレベルで様々なチューニングが実施され、全体的な性能向上が計られました。
PostgreSQL 7.x のような古いバージョンを利用している場合、バージョンアップを行うだけでも性能向上したという事例が数多くあります。
その他、運用面での改良も加えられ、よりミッションクリティカルなシステムでの利用に適した機能が追加されています。

LifeKeeper について

LifeKeeper は、「HA クラスタソフトウェア」というカテゴリーに分類されるソフトウェアで、 サーバを冗長化することでシステムの停止時間を最小限に抑え、可用性を高めます。

本件に関する報道お問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 広報グループ 稲葉
Tel: 03-5951-1191
E-mail:
URL: http://www.sraoss.co.jp/

※本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。