プレスリリース

SRA OSS、オープンソースメールクライアントの開発を全面的に支援
〜日本発のメールソフト Sylpheed の開発のみならず、関連ライブラリの提供も計画〜

詳細情報はこちら

2006 年 9 月 6 日
SRA OSS, Inc. 日本支社

2006 年 9 月 6 日 (東京) 発 – SRA OSS, Inc. 日本支社 (日本支社: 東京都豊島区、取締役支社長: 石井達夫、以下 SRA OSS) は、オープンソースソフトウェアの電子メールクライアントとして実績豊富な Sylpheed (シルフィード) を全面的に支援することを発表しました。

Sylpheed は、山本博之氏が開発したオープンソースメールクライアントで、Linux、Solaris、BSD UNIX、Mac OS X、Windows などの幅広い環境で動作します。 洗練されたユーザインタフェースを持ちながら、シンプル、軽量かつ高機能で使いやすいことから、日本のみならず海外でも幅広い人気があります。 現在までに 20 万本のダウンロード実績を誇り、最近では毎月約 1 万本ダウンロードされています。 また、Vine Linux などの主要 Linux ディストリビューションにも標準でバンドルされています。

SRA OSS は Sylpheed の開発コミュニティを支援するために、山本博之氏を雇用、Sylpheed の開発が自由に行える体制を作りました。 更に Sylpheed を公開するためのサイト http://sylpheed.sraoss.jp/ を新たに設置、より Sylpheed の開発が推進される環境を整えました。

山本氏移籍後の新しいプロジェクトとして、LibSylph (リブシルフ) プロジェクトを開始しました。 Sylpheed の実績のあるコアライブラリを LibSylph という名称で独立して提供、各種ソフトウェアから容易に Sylpheed の優れたメール機能を利用できるようにします。 9 月中に α 版を公開、10 月下旬には正式リリースする予定です。

ビジネス面でも SRA OSS は Sylpheed の利用と普及を支援します。 Linux や Windows、携帯端末やデジタル家電などへの組み込み用途を対象とした LibSylph の組み込みコンサルティング、サポートを提供していきます。

SRA OSS について

SRA OSS は、OSS (オープンソースソフトウェア) の普及と発展を目指し、国内独立系 SI ベンダーである株式会社 SRA によって設立されました。 本社は米国カリフォルニア州におき、ワールドワイドな OSS ベンダーを目指しています。 日本においては特に PostgreSQL を中心とした OSS のサポート、プロダクト販売、コンサルティング、トレーニング事業を中心に展開しています。

詳細は Web サイト: http://www.sraoss.co.jp/ をご参照ください。

本件に関する報道お問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 広報グループ 稲葉 (イナバ)
Tel: 03-5951-1191
E-mail:
URL: http://www.sraoss.co.jp/

※ 本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。