SRA OSS

SRA OSS オンライントレーニング受講方法

このページでは、SRA OSSで開催するオンライントレーニングの受講方法をご案内いたします。

弊社のオンライントレーニングを受講される方は、トレーング開催日までに以下の確認・実施をお願いいたします。

1. Zoom クライアントのご用意

弊社のオンライントレーニングは「Zoom ミーティング」を利用して開催いたします。

受講に際しましては、可能な限りPCまたはモバイル向けのZoom クライアント/アプリのインストールを推奨しております。

トレーニング開催までに予め、Zoom ミーティングが利用できるようにしておいてください。

1.1. Zoom の動作環境確認

PC向け

https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux

モバイル向け

https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201179966-iOS

Web(クライアント/アプリをインストールしない場合)

https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443-Zoom-Web

1.2. Zoom クライアント/アプリのインストール(インストール可能な場合)

以下より、環境に一致するクライアント/アプリをインストールしてください。

https://zoom.us/download

1.3. 事前テスト

以下を参考にテストミーティングを実施してください。

https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083

Webブラウザから接続する場合は、[ブラウザから参加]オプションが自動的に表示されます。

表示されない場合は「Zoomクライアントで問題が発生していますか? ブラウザから参加してください」をクリックしてテストミーティングに参加してください。

なお、Webブラウザからテストミーティングに参加する場合、単独でオーディオとマイクのテストができません。テストミーティング上で他の端末を招待して、オーディオとマイクの動作を確認してください。

2. SSH クライアントのご用意

弊社のオンライントレーニングは、弊社が用意したクラウド上の仮想サーバに皆様のマシンからリモート接続していただいた上で、実習および演習を行います。
トレーニング開催までに予め SSH クライアントのご用意を完了しておいてください。

2.1. ご自身の環境から外部公開されたサーバへの SSH 接続設定

トレーニング当日は外部公開されている踏み台サーバを経由してプライベートネットワーク内のトレーニングマシンにアクセスいただきます。
ご自身の環境から外部公開された踏み台サーバへ SSH 接続できるように、必要であればサーバ管理者様にお問い合わせの上、Proxy、ファイアウォールの設定を完了しておいてください。

2.2. ご自身の環境から外部公開されたサーバへの SSH 接続テスト

トレーニング開催の前週の月曜日から金曜日の間、ご自身の環境から外部公開された踏み台サーバへの SSH 接続テストが可能です。
正しく SSH 接続できると、

You have successfully connected to the SRA OSS Training server.

Press ENTER to exit>

というメッセージが出力されます。
ENTER キーを入力すると接続が終了します。

2.3. トレーニング環境の SSH 接続情報

以下の情報を、トレーニング開催日の1週間を目安にトレーニングお申し込み時にご登録いただいたメールアドレスへお知らせいたします。

3. SSH クライアントの導入例

例として以下に Tera Term (https://osdn.net/projects/ttssh2/) の導入手順を記載いたします。

3.1. Tera Term のダウンロード

以下の URL にアクセスし、最新バージョンの ZIP ファイルをダウンロードし、任意の場所に展開してください。

https://osdn.net/projects/ttssh2/releases/

.zip 版はインストール不要のポータブル版です。アンインストールは ZIP ファイルを展開したフォルダを削除するだけで、環境を汚しません。

.zip 版

3.2. Tera Term の起動

展開したフォルダ内の ttermpro.exe を起動してください。

tera term 起動

3.3. Tera Term の SSH 接続

Tera Termを起動すると、リモート接続の入力ウィンドウが表示されます。

SSH 鍵認証設定

[Host:] 入力欄に「2.3. トレーニング環境の SSH 接続情報」でご案内した IP アドレスを設定し、[OK] をクリックしてください。
その後、SSH 認証の入力ウィンドウが表示されます。

SSH Auth 設定

[User name] 入力欄に弊社から「2.3. トレーニング環境の SSH 接続情報」でご案内したログインユーザ名を設定してください。
また、[Authentication methods] > [User RSA/DSA/ECDSA/ED25519 key to log in]のラジオボタンを選択し、[Private key file: ] 入力欄に「2.3. トレーニング環境の SSH 接続情報」でご案内した秘密鍵ファイルのパスを設定してください。
[OK] をクリックすると、SSH 接続が開始します。

3.4. Tera Term の Proxy 設定

必要であれば Proxy の設定を行って下さい。

Tera term のメニューから[Setup] > [Proxy…]を選択すると Proxy を設定できます。

Tera Term の Proxy 設定

4. お問い合わせ

SRA OSS, Inc. 日本支社

PostgreSQL トレーニング担当

E-mail: pg-seminar@sraoss.co.jp

〒171-0022 東京都豊島区南池袋 2-32-8

Tel. 03-5979-2701 Fax. 03-5979-2702

facebook ブログ Youtube SRA Group
製品・サービスに関するお問い合わせ

メールフォーム

 

03-5979-2701