SRA OSS

サポートオプションのクラスタ構成について


Pacemaker / Heartbeat + SR クラスタ構成

オープンソースの HA クラスタソフトウェアである Pacemaker と Heartbeat によって PostgreSQL の保護を行う構成です。

スタンバイサーバへのデータ複製に同期モードのストリーミングレプリケーション機能を使います。

PostgreSQL 9.1 以降である必要があります。

スタンバイサーバに参照アクセスすることも可能です。

Pacemaker / Heartbeat + SR クラスタ構成>

Pacemaker / Heartbeat + DRBD クラスタ構成

オープンソースの HA クラスタソフトウェアである Pacemaker と Heartbeat によって PostgreSQL の保護を行う構成です。

スタンバイサーバへのデータ複製に Linux の DRBD 機能を使います。

PostgreSQL のバージョンを選びません。

Pacemaker / Heartbeat + DRBD クラスタ構成

※ DRBD は LINBIT Information Technologies GmbH の登録商標です。

Pacemaker / Heartbeat + 共有ディスク クラスタ構成

下記の図のような共有ディスク装置を使ったクラスタ構成のサポートも承ることができます。

こちらは個別にお問い合わせください。

pgpool-HA クラスタ構成

pgpool-HA クラスタ構成

pgpool-II が複数の PostgreSQL へのアクセス振り分けを行い、pgpool-II 自体をオープンソースの HA クラスタソフトウェアである Pacemaker と Heartbear によって保護する構成です。

いくつかバリエーションがります。

下記の図では2つの PostgreSQL が pgpool-II とサーバに同居していますが、分離していても構いません。

また、各 PostgreSQL の同一データ維持には、pgpool-II のレプリケーションモードを使う方法もありますし、PostgreSQL のストリーミングレプリケーションを使う方法もあります。

Pacemaker / Heartbeat + 共有ディスククラスタ構成

お申し込み

Web ページからお申し込みを受け付けております。

お見積もりが必要な場合はpgsql-sales@sraoss.co.jpまでお問い合わせください。

旧バージョンのサポートやサポート対象外のプラットフォームについてもご相談ください。

Web ページからのお申し込み

facebook ブログ メールマガジン SRA Group
製品・サービスに関するお問い合わせ

メールフォーム

 

03-5979-2701