SRA OSS

導入事例 | 株式会社クオリティア様

株式会社トランスウエア libTextConv 導入事例

株式会社トランスウエアは 1993 年の創立。

以来 様々なシステム開発経験を経て、1998 年よりメール関連ソリューションを中心に手掛ける 日本では数少ない企業として関連ソフトウエアパッケージの開発やシステム構築などのビジネスを意欲的に展開しています。

同社の新製品であるメールアーカイブソフト Active! vault には、テキスト変換エンジンとして SRA OSS, Inc. 日本支社の「libTextConv」が採用されています。

同社の取締役 開発部長の野村 維左夫氏、経営企画部担当部長の佐々木 泰氏、開発部 第 2 開発グループ課長の平野 善隆氏に採用の経緯を伺いました(文中敬称略)。

日本発の日本語ベース 商用 Web メールソフトのパイオニア

Q:
トランスウエア社はどのようなビジネスを展開されているのでしょうか?
佐々木:

主な製品は Web メールソフトの Active! mail とアンチスパムソフトの Active! hunter の 2 製品です。

Active! mail は 1998 年に発売を開始、これまでに 700 万を超えるアカウントの導入実績があり、 特に文教市場では 全国の大学の約 6 割、4 年制国公立大学の約 8 割に導入されています。

最近ではビジネスユースも増え、今年は文教ユースとビジネスユースの比率が逆転する見込みです。

最新バージョンの Active! mail 6 では 快適な操作性とパフォーマンスを実現するために Ajax を採用したほか、 ビジネスユースに適したセキュリティ対策や よりいっそう優れた操作性を実現しています。

商用 Web メール製品のパイオニアとして製品を提供する過程で、ユーザからスパム対策を求める声が増え、 それに応える製品として開発したのが 純国産アンチスパムメールソフト Active! hunter です。

Active! hunter では、最新の機械学習理論をベースに日本特有のメール事情を把握して累積学習する 学習型スパムフィルタ SVM(Support Vector Machine)と、リアルタイムでスパム情報を更新し世界中で実績がある コラボレーション型スパムフィルタ CLOUDMARK の Double エンジンを搭載、 複合的なフィルタリング機能が 日本語環境に最適なスパムメール対策を実現しています。

佐々木 泰 氏

Q:
ビジネスでもプライベートでも、メールはもはや欠かせなくなっていますが、 Web メールソリューションは海外製品が主流ですよね?
野村:
トランスウエアは日本の純国産企業ですし、その製品ももちろん「国産」です。 国内で開発し、国内で対応するのは、常に使うものだからこそ、使用する言語や環境に最適なものが求められるからです。 細かいところまで配慮しながら 日本人に使いやすく分かりやすい操作画面を提供しています。
佐々木:
海外の製品と決定的に違う点として 画面デザインがあります。 社員 60 名のうち技術者は 40 人という構成ですが、開発チーム内に 3 人のデザイナがいて、常に使いやすいインターフェースを研究・開発しています。
平野:
次のアクションに移るのに どの位置にボタンがあればスムーズに行くか、という基本から研究しながら製品開発をしています。
野村:
Active! mail は、東京大学で最初に使われ始めて以来 常に、日本語環境で快適に使える製品として高い評価を得てきました。
佐々木:
また、ユーザの意向を製品に反映させ続けていることも、トランスウエアの特長です。 英文メールを全て隔離するスパム対策機能があると便利 というのユーザからの意見を反映した結果 誕生したのが、Active! hunter の英文メールフィルタなのです。
平野:
海外からのスパムメールは依然として多いですが、海外製のスパムソフトでは英文メールを隔離することはできません。 そんなことをすれば全メールが対象になってしまうからです。
野村:
日本語のスパムメールには、携帯電話による会話体、単語の区切りのない書式など 日本語特有の事象があります。 Active! hunter がこうした日本語迷惑メールを高精度に遮断できるのは、国産だからこそ可能なのです。

Active! vault 画面

高速メールアーカイブ処理に欠かせない テキスト変換ライブラリ

Q:
「libTextConv」はどのようにお使いになるのでしょうか?
野村:

今年 8 月 1 日に発売開始予定のメールアーカイブ製品 Active! vaultに搭載します。

個人でも 1 日に 100 通を超えるメールをやり取りすることは少なくありません。 企業単位となると 1 日数万通になることも珍しくありません。 こうなると、メールを社員が自分のパソコンで管理できる範囲を超えています。 メールをきちんと保存しておくだけでなく、情報漏洩対策や J-SOX 法対策も企業には求められています。 その有効手段として注目されているのがメールアーカイブです。

当初は Active! hunter のオプション製品として提供される Active! vault は、 社内外でやり取りされる全ての電子メールを保存し、必要な内容を自在に検索して取り出せるという製品です。

ところがメールアーカイブ製品は価格が高く、安い製品は必要な機能がないというのが実態でした。 そこで日本の企業のニーズにあったメールアーカイブ製品を開発し 適正な価格で提供したいという計画が 2007 年夏ごろに具体化、10 月には検討に入っていました。

平野 善隆 氏

Q:
「libTextConv」採用のポイントは何だったのでしょうか?
平野:

端的に言えば「スピード」、「精度」、「価格」です。

10 月にはすでに海外製品の検討に入っていたのですが、偶然「libTextConv」のことを知りすぐ SRA OSS, Inc. 日本支社に問い合わせをしました。 すぐ応答があり、バーション 1.0の β 版が送られてきました。

スピードは、競合製品と比べ 最大で 100倍、平均でも数倍~ 10 倍の違いがありました。 普通のクライアントアプリケーションならレスポンス 1 秒というのはすごく速いといえますが、 アーカイバ部分では、どんどん流れてくるメールから添付ファイルを切り出しテキスト変換し蓄積するという作業を次から次へとこなしていきます。 この環境下で、1個のファイルを開けるのに1秒かかっていたのでは、遅すぎるのです。 メールの量が増えれば増えるほどその差は歴然とします。

かといっていくら速くても、テキスト変換した精度が悪いのでは使い物になりません。 この点、「libTextConv」は 1.0 の β 版の段階でスピードも精度もすでに十分満足のいくものでした。

野村:

企業のニーズにあったメールアーカイブ製品を適正な価格で提供するためには価格もポイントでした。 この点でも「libTextConv」は合格でした。

その後 1 月には最終決定をし、3 月には契約を締結しました。

Q:
「libTextConv」採用のポイントは他にもありましたか?
平野:
SRA OSS, Inc. 日本支社は PostgreSQL 製品での実績を知っていましたから、技術力が高い会社である点で、まず安心できました。 さらに、開発段階ではレスポンスを重要視したかったので、国内に拠点がある企業で日本語による問い合わせできる という安心感も非常に重要なポイントでした。
野村:

メール関連ソフトの場合、何かあった場合、スピーディな対応が欠かせません。 そんな場合でも、相手が国内に拠点を持ち、国内で開発しているのであればレスポンスの点で安心です。

機能面でも 1.0 の β 版の段階ですでに十分満足できるものでしたので、この部分は潔くアウトソーシングし、 私たちはコアコンピタンスであるメール関連ソフトの開発に専念するという判断もありました。

野村 維左夫 氏

Q:
そのほかにも「libTextConv」を今後活用する予定がありますか?
佐々木:

現在出ている Active! mail 6 は、バージョン 6.2 に相当するのですが、今後 市場に投入する 6.3 のモバイル版に搭載する予定です。

すでに Active! mail 2003 ではあるユーザから要望があり同じような機能をオプションとして提供していましたが、 6.3 からは標準機能として搭載するので、携帯電話からも添付ファイルとテキスト展開できるようになります。

PC を持ち歩かないビジネスユーザーでも、携帯電話からメールだけでなく、 添付ファイルの中味までチェックできるようになればいっそう利便性は高まります。

野村:

メール関連のソフトウエア開発は 今後いっそう競争が厳しくなると気を引き締めていますが、短期間で簡単に開発できるものではありません。

その点、私たちトランスウエアは、商用 Web メールのパイオニアとして、 これまで蓄積してきたノウハウや経験といった財産を活かしながら、これからもよりいっそうユーザの立場に立った使いやすい製品を開発・提供していきます。 ロードマップもありますが要望に応じて柔軟に対応してきました。これからもそのスタンスは変りません。 そうした環境の中で「libTextConv」はテキスト変換ライブラリとして安心して使えるパートナーとして今後も活用していくつもりです。

株式会社トランスウエア

http://www.transware.co.jp/

本社所在地 : 〒104-0033 東京都中央区新川 1-6-11 ニューリバータワー 5 F

TEL : 03-5540-0083 FAX : 03-5540-0084

資本金 : 8,500 万円

設立 : 1993 年 10 月

代表取締役 : 松田 賢

facebook ブログ Youtube SRA Group
製品・サービスに関するお問い合わせ

メールフォーム

 

03-5979-2701