FDW

oracle_fdw を使ってみる(後編)

oracle_fdw 紹介の後編です。
前編では oracle_fdw を PostgreSQL に導入・外部サーバ定義・ユーザマッピング・外部テーブル定義を順に行い Oracleデータベース上のテーブルに PostgreSQL からアクセスする流れを紹介しました。
今回は、機能をもう少し深堀りをしていきます。

続きを読む

oracle_fdw を使ってみる(前編)

PostgreSQLには、標準SQLの拡張である SQL/MED (“Management of External Data”)に沿った外部データアクセスの仕組みが備わっています。外部データの種類に応じた外部データラッパー( Foreign Data Wrapper 、FDW)を適用することで、様々な外部データをPostgreSQL内のテーブルと同様に扱うことができます。

oracle_fdw は外部データラッパーの1つで Oracle Database に対応しています。oracle_fdw を使用することで、Oracle Database のテーブルやビューを PostgreSQL 上のSQLから読み書きできるようになります。

oracle_fdwはバージョン9.1以降のPostgreSQLおよびバージョン10.1以上のOracle Client(および Oracle Instant Client)で利用可能です。Oracle Database のサーバ側バージョンは、使用するOracle Clientが対応していれば大丈夫です。

本記事ではoracle_fdw の導入方法、使用方法を紹介します。続いて公開予定の後編の記事では、実際の使用にあたって気になる「こんなことをしたらどうなる?」「どの程度 PostgreSQL側で、どの程度Oracle側で処理されるの?」「データ型の違いはどうなるの?」といった様々な挙動の詳細に迫ります。

続きを読む