複数の Zabbix Server を統合監視

Premija Viewer for Zabbix では複数の Zabbix Server からまとめてデータを取得することができます。一画面で統合的に監視
結果を表示できるので、それぞれの Zabbix Server のフロントエンドを切り替えながら確認する手間が省けます。


 

柔軟なイベント検索

Premija Viewer for Zabbix では以下の条件によりイベント検索を行うことができます。

  • 深刻度
  • ホスト名(部分一致検索)
  • インターフェース(部分一致検索)
  • 発生日時
  • トリガー名(部分一致・AND 検索)
  • コメント(部分一致・AND 検索)
  • イベントのステータス
  • イベントの対応状態

※ Zabbix 3.2 以降

 


 

監視対象の可視化

Premija Viewer for Zabbix では、監視対象ホストを自動的にノードツリー・ノードマップとして可視化し、障害のあるノードを
ハイライト表示します。これにより監視対象の位置関係や障害の影響範囲を俯瞰的に確認することができます。

 


 

障害対応状況の管理・把握を明瞭化

Premija Viewer for Zabbix では複数のイベントに対して一括で障害対応コメントの登録および手動クローズを行うことができます。

※ Zabbix 3.2 以降

Premija Viewer for Zabbix ではイベント一覧に最新の障害対応コメントが表示されるので、
イベントの対応状態が一目で把握できます。

 


 

ペインの相互作用による直感的なドリルダウン

Premija Viewer for Zabbix ではノードツリーのノードをクリックすることにより、ノードマップにおいてクリックされたノードに対応する
範囲のみを部分表示し、イベント一覧でもクリックしたノードに対応するイベントのみが絞り込み表示されます。

ノードマップのノードをクリックすることでも、ノードツリーで対応するノードを表示し、イベントの絞り込みを行います。

さらにイベント一覧のホスト名をクリックすることで、ノードツリーおよび
ノードマップで対応するノードを表示し、イベントの絞り込みを行います。


 

詳細なイベント・ホスト情報の表示

Premija Viewer for Zabbix ではイベントに関する詳細情報(紐付いているトリガー条件式や
アイテムの値、ホストの情報など)を表示することができます。

また、ホストのリソース状態を確認することもできます。