トレーニング

PostgreSQL オンサイトトレーニング

あなたの会社に伺って PostgreSQL について教えます。

PostgreSQL トレーニングでは、毎月東京で定期的に開催している トレーニングコース のほかにも、お客様の会場に講師が出張して開催するオンサイトトレーニング (出張トレーニング) も承っています。 オンサイトトレーニングは、トレーニング環境をお客様でご用意いただければ、受講者 4 名以上で講師の出張を承っています。

オンサイトトレーニングはトレーニングに関して以下のようなお悩みを抱えているお客様に最適です。

自社のエンジニア向けにトレーニングをカスタマイズしてほしい

オンサイトトレーニングではお客様のご要望に応じてトレーニングをカスタマイズできます。 例えば、「Oracle Database のエンジニアに対してデータベースの違いという観点から PostgreSQL について学習したい」、「PostgreSQL の初心者ばかりなので通常 2 日間のトレーニングコースを 3 日間かけてじっくり学習したい」といった様々なご要望にお応えすることができます。 詳しくは カスタマイズ をご覧ください。

地方なのでエンジニアを出張させるには経費がかかる・時間が取れない

オンサイトトレーニングはお客様の会場で開催するので、トレーニングを受講するのに必要な宿泊費や交通費といった経費を削減できます。 また、エンジニアが現場を離れては業務に支障をきたすといった場合にも、オンサイトトレーニングであれば業務への影響を最小限に抑えることができます。

受講させたいエンジニアがたくさんいるのでできるだけ受講料を安く抑えたい

受講者数が一定を越える場合には、オンサイトトレーニングのほうが 1 名あたりの費用がお得です。 カスタマイズなしの標準的な 2 日間のトレーニングコースでは、通常、受講者が 4 名を越えると 1 名ずつお申し込みいただいた場合よりもお安くなります。 詳しくは 基本費用開催費用概算 をご覧ください。

オンサイトトレーニングに関するお問い合わせは お問い合わせのページ からお願いいたします。

開催までの流れ

オンサイトトレーニングをご注文いただいてから開催するまでの流れは以下のとおりです。 トレーニングの会場や PC (講師分を含む)、プロジェクター、ホワイトボードなどの備品はお客様に準備していただきます。 PC のセットアップについては別途費用で作業を承ることもできます。

基本費用

オンサイトトレーニングの基本費用は以下のとおりです。 開催費用は、講師を出張させる日数 (移動日を含む) 分の講師出張費と受講者数分のテキスト代、実費として宿泊費、交通費を合計した金額となります。 具体的な開催費用については 開催費用概算 をご覧ください。

PostgreSQL 導入トレーニング
講師出張費 75,000 円 (税抜) / 日
テキスト代 24,000 円 (税抜) / 冊
PostgreSQL 運用管理トレーニング
講師出張費 100,000 円 (税抜) / 日
テキスト代 45,000 円 (税抜) / 冊

トレーニングは実習を交えた内容となっているため、1 名の講師が対応できる受講者は最大で 10 名程度です。 受講者が 5 名以上の場合には、トレーニングを円滑に実施するため、お客様のほうでアシスタントを手配していただくのが望ましいです。 アシスタントはおもに実習時に操作で行き詰まっている受講者をフォローすることが役割です。 別途見積もりでアシスタントを出張させることもできます。

開催費用概算 (税抜)

オンサイトトレーニングの開催費用の概算は以下のとおりです。 その他、出張場所に応じて宿泊費、交通費等が加算されることがありますので詳しくはお問い合わせください。

PostgreSQL 導入トレーニングを東京地区、受講者 4 名で開催する場合

日数
セットアップフォロー + 環境確認: 0.5 日
トレーニング実施: 2.0 日
合計: 2.5 日
費用
講師出張費: 75,000 円 × 2.5 日 = 187,500 円
テキスト代:   24,000 円 ×    4 冊 = 96,000 円
合計: 283,500 円

受講者 1 名あたりの費用:   70,875 円

PostgreSQL 導入トレーニングを東京地区以外、受講者 8 名で開催する場合

日数
セットアップフォロー + 環境確認: 0.5 日
トレーニング実施: 2.0 日
移動: 0.5 日
合計: 3.0 日
費用
講師出張費: 75,000 円 × 3.0 日 = 225,000 円
テキスト代:   24,000 円 ×    8 冊 = 192,000 円
合計: 417,000 円

受講者 1 名あたりの費用:   52,125 円

PostgreSQL 運用管理トレーニングを東京地区、受講者 4 名で開催する場合

日数
セットアップフォロー + 環境確認: 1.0 日
トレーニング実施: 2.0 日
合計: 3.0 日
費用
講師出張費: 100,000 円 × 3.0 日 = 300,000 円
テキスト代:   45,000 円 ×    4 冊 = 180,000 円
合計: 480,000 円

受講者 1 名あたりの費用: 120,000 円

PostgreSQL 運用管理トレーニングを東京地区以外、受講者 8 名で開催する場合

日数
セットアップフォロー + 環境確認: 1.0 日
トレーニング実施: 2.0 日
移動: 0.5 日
合計: 3.5 日
費用
講師出張費: 100,000 円 × 3.5 日 = 350,000 円
テキスト代:   45,000 円 ×    8 冊 = 360,000 円
合計: 710,000 円

受講者 1 名あたりの費用: 88,750 円

カスタマイズ

オンサイトトレーニングでは、お客様の会場に講師が出張して標準的な 2 日間のトレーニングコースを開催するだけでなく、お客様のご要望に応じてトレーニングをカスタマイズできます。 トレーニングをカスタマイズする場合には、講師出張費やテキスト代以外に別途見積もりでカスタマイズ費が必要となることがあります。

トレーニングの日程や時間をカスタマイズしたい

PostgreSQL 導入トレーニング、PostgreSQL 運用管理トレーニングは 2 日間連続で 10:00 から 17:30 まで開催するのが標準的なスケジュールです。 しかし、エンジニアが現場を 2 日間も離れては業務に支障をきたすといったこともあるでしょう。 そのような場合には、トレーニングの日程や時間をカスタマイズするのがお勧めです。 例えば、2 日間で開催するトレーニングを業務に合わせて半日ずつ 4 日間かけて開催することもできます。

また、新入社員研修などに PostgreSQL によるデータベースの研修を組み込みたいが、受講者のスキルがそれほど高くないので 2 日間では消化しきれそうにないといったこともあるでしょう。 そのような場合には、例えば、2 日間で開催するトレーニングを 3 日間かけて開催し、実習に時間をかけて理解できるまで学習していただくこともできます。

トレーニングの内容をカスタマイズしたい

オンサイトトレーニングでは、お客様のご要望に応じてトレーニングの内容をカスタマイズできます。 お客様のほうで具体的にどのようにカスタマイズしてほしいかということが固まっていなくても、お客様の抱えているお悩みをヒアリングして最適なトレーニングをご提案いたします。 これまでにお客様から承ったカスタマイズには以下のようなものがあります。

Oracle エンジニア向け PostgreSQL セミナー

Oracle Database との違いという観点から PostgreSQL について学習いただくセミナーです。 Oracle Database に限らず何らかのデータベースのエンジニアであれば、データベースや SQL の基本的なスキルはすでに持っているでしょう。 そのようなエンジニアには、ほかのデータベースとそれほど違いのない基本的な SQL について延々と解説するより、「Oracle では xxx だけど PostgreSQL では xxx」と説明したほうが理解しやすいものです。

LAPP による Web アプリケーション開発トレーニング

LAPP による Web アプリケーションの開発について学習いただくトレーニングです。 LAPP (Linux + Apache HTTP Server + PostgreSQL + Perl / PHP / Python) とは、Web アプリケーションの開発でよく使用されるオープンソースソフトウェアの組み合わせです。 LAPP を構成する各ソフトウェアのインストールや設定、PHP によるプログラミング、SQL によるデータベースの操作など、Web アプリケーションを開発するのに必要なスキルを身に付けていただく内容です。

OSS-DB Exam 試験対策 PostgreSQL 導入トレーニング

通常の PostgreSQL 導入トレーニングに加えて OSS-DB Exam 試験対策セミナーを行うというものです。 OSS-DB Exam 試験対策セミナーでは、効率的な学習方法や参考書の紹介、練習問題の解説などを行いました。

お問い合わせ

オンサイトトレーニングに関するお問い合わせは お問い合わせのページ からお願いいたします。