イベント・セミナー

OSS統合監視ソフトウェア最前線セミナー 2013

本セミナーは終了致しました。沢山のご来場ありがとうございました。
セミナー資料の一部は、イベントセミナー資料一覧のページにて公開しております。ぜひご覧ください。
セミナー資料一覧ページはこちら

オープンソースソフトウェア(OSS) は、Linux に代表されるようにその利用は急激に拡大しており、 大規模なシステムや、ミッションクリティカルなシステムでの採用も増加しています。
この数年で、統合監視ソフトウェアの分野も、OSSの機能が充実してきており、新規での導入や 商用の統合監視ソフトウェアからの乗り換えに注目が集まっています。

SRA OSS では、OSSの統合監視ソフトウェアで、機能が充実している Zabbix, Hinemos の導入を 推進しており、構築支援、設計・構築、サポートサービスを実施しています。

今回のセミナーでは、昨年度実施しご好評をいただいたセミナーの 2013年度版として、 OSSの統合監視ソフトウェアの今をお伝えすべく、Zabbix, Hinemos の最新情報を中心に ご紹介いたします。

本セミナーでは、下記のような方の参加を想定しております。

  • システム監視のソリューションのご提案を行う営業、エンジニアの方
  • 新規でシステム監視ソリューションの導入を検討しているユーザ企業の情報システム部門の方
  • 商用の統合監視ソフトウェアをお使いで、OSSの統合監視ツールのご利用も検討している方
  • Zabbix, Hinemos をご利用中、ご検討中で最新情報を知りたい方
  • 開催概要

    日時 2013 年 8 月 29 日 (木) 14:00 〜 16:45
    場所 JJK 会館 7F (東京中央区築地4-1-14)
    交通 東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座」駅、6番出口より徒歩3分
    都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅、A3出口より徒歩5分
    地図 http://www.jjk.or.jp/map.html
    定員 80名
    費用 無料
    主催 SRA OSS, Inc. 日本支社

    お申し込み

    終了いたしました。

    プログラム

    13:30〜14:00 受付
    14:00〜14:10 ご挨拶
    14:10〜14:30 OSSシステム統合監視入門 〜 Zabbix, Hinemos の機能と選択のポイント 〜

    SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部
    OSS技術グループ チーフエンジニア 山本 博之

    最近注目の集まっている、OSS統合監視ソフトウェアの中から、Zabbix, Hinemos を中心に、 概要、機能、選択のポイントをご紹介します。

    14:30〜15:10 クラウド時代の運用管理 次の一手はHinemosで!

    NTTデータ 基盤システム事業本部
    課長 大上 貴充 様

    サーバ仮想化やクラウドサービスを利用するシステムが増加し、システム運用はこれまで以上 に複雑化しています。クラウド環境ではプロビジョニングや環境への自動追随などの 柔軟な運用と共に、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在する ハイブリッド環境における一元的な運用が望まれています。
    また、複雑さを増すシステムにおいても、クラウドの柔軟性を損なうことなく 旧来からのシステム運用に求められる安定した監視と効率的なジョブ運用が要求されます。 両課題を解決し、統合的な運用を実現するHinemosの機能及び利用シーンをご紹介します。

    15:10〜15:30 休憩
    15:30〜16:10 Zabbix 2.2の新機能とVMware仮想環境監視の自動化

    Zabbix Japan
    代表 寺島 広大 様

    まもなくリリース予定の新バージョン、Zabbix 2.2ではVMwareハイパーバイザー監視機能が追加され、 vSphere、vCenter経由で仮想ホストの自動登録、自動リソース監視設定追加を行うことができます。 Zabbix 2.2ではその他にも様々な機能の追加と改善、大幅なパフォーマンス改善が行われており、 それらの新機能について概要と詳細を解説します。

    16:10〜16:30 Zabbixのデータベースベンチマークレポート(PostgreSQL vs MySQL)

    SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部
    OSS技術グループ マネージャ 盛 宣陽

    Zabbix では、データ収集用にRDBMSを利用しており、そのデータベースは選択することが可能です。
    Zabbix が利用するデータベースは、監視対象数の増加や、蓄積データの長期間保存などにより パフォーマンスへの影響が懸念されます。今回、最新版の Zabbix 2.2(2013年7月時点開発中)と メジャーなOSS-DB から PostgreSQL, MySQL を取り上げベンチマークを実施中です。(2013年7月時点) ベンチマークの結果と、Zabbixにおけるデータベース活用のポイントをご紹介します。

    ※ 本講演は、 2013年9月にラトビアで開催される Zabbix Conference 2013 での発表を予定しています

    16:30〜16:45 Q & A

    ※ プログラム内容については変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。


    お問い合わせ

    SRA OSS, Inc. 日本支社
    マーケティング部 セミナー担当
    Tel. 03-5979-2701 E-mail.