イベント・セミナー

Zabbix Conference 2012 参加レポート

ラトビアの風景
SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 OSS技術グループ
盛 宣陽

2012年9月21日-22日、ラトビア・リガにて開催された Zabbix SIA 主催の 「Zabbix Conference 2012」に参加しました。

Zabbix は、オープンソースの統合監視ソフトウェアで、ラトビアの Zabbix SIA によって開発されているソフトウェアです。日本では、現在は Zabbix SIA で 活躍する寺島広大氏が立ち上げた ZABBIX-JP というコミュニティの存在もあり 広く知られており、Zabbix SIA のパートナーの数は、日本が最多という状況に あります。

会場入口看板 開催地のラトビア共和国の首都リガは Zabbix SIA のオフィスがあり、Zabbix の開発拠点です。 バルト海に面しており、エストニア、リトアニアとともにバルト三国と呼ばれています。 面積は北海道の約8割、人口は約221万人のこじんまりとした国です。 首都のリガは、「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、旧市街はユネスコ世界遺産にも 登録されているとおり、美しい街並みでした。

Zabbix Conference 2012 は、昨年に続き2回目の開催です。今年は、昨年の 参加者を上回る150名ほどの開発者、ユーザが、27ヵ国から集まり、 Zabbixソフトウェアの利用事例など Zabbix に関する様々な講演が行われました。

オープニングトークは、Zabbix SIAの CEO、Founder、Zabbix開発者と多彩な顔を もつ Alexei Vladishev 氏の講演です。Zabbix SIA の紹介、2013年夏リリース予定の Zabbix 2.2 のロードマップについて解説が行われました。 Zabbix 2.2 ではメンテナンス性の向上、WebインターフェースとAPIの改善、 レポーティング機能の強化、VMware モニタリング機能追加などが行われる予定 とのことで、ますます有益な機能が増えていくことが期待されます。

稲葉による講演 その他、2日間を通して、事例、API関連の講演がいくつか、面白いところでは、 Zabbixを活用した障害原因追及方法や、モバイル端末からの監視、組み込み向け に用途を広げた Zabbix Proxy の紹介などの様々な講演が行われました。 これらの中で興味深い、2つの講演についてご紹介します。

【事例:大学キャンパスネットワーク監視事例】

チェコの大学でキャンパスネットワークを Zabbix を利用して監視している事例です。 その規模もさることながら、Zabbix が登場したばかりの 2004年から利用を開始、 バージョンアップを繰り返しながら、利用してきたことに驚きました。こういった利用者に 支えられて、オープンソースソフトウェアは進化していくものだと改めて感じました。

【Zabbix API:クラウドの仮想マシン管理の試行】講演画像

数多くあった Zabbix API に関する講演の中で、日本のTISの池田氏からは、 Zabbix APIを活用して、Zabbixからクラウドの仮想マシンを管理する機能の紹介が 行われました。現在は研究開発段階とのことですが、来春にも公開予定とのことです。

弊社からは、Zabbix Conference 2012 スポンサー企業として、マーケティング部部長の 稲葉香理より、弊社および Zabbix に関するビジネスプランを紹介させていただきました。

Zabbix Conference 2012では、カンファレンス前日のボーリング大会、 カンファレンス期間中のラトビア観光、リガ中心街でのパーティなど 盛りだくさんなイベントも同時に開催されました。 Zabbix の開発者や、世界中のユーザとさまざまなイベントを通じて交流することが できる魅力的なイベントであり、来年以降の開催も楽しみです。