プレスリリース

SRA OSS, 「PHP4セキュリティ保守サービス」を開始

詳細情報はこちら

2007 年 11 月 6 日
SRA OSS, Inc. 日本支社

SRA OSS, Inc. 日本支社 (東京都豊島区、取締役支社長:石井達夫、以下 SRA OSS)は、オープンソースのスクリプト言語PHPのバージョン4のセキュリティ保守サービスを開始することを発表しました。

PHPの現在の最新版はバージョン5です。しかし、世界中で構築されているPHPのシステムのうち、まだ大多数は、一つ前のバージョン4を利用しています。このバージョン4は、2007年12月31日にコミュニティメンテナンスを終了すると発表されています。この後は、大きなセキュリティホールが発見されればケースバイケースでリリースが行われますが、2008年8月8日には完全にメンテナンスが終了するとされています。PHPコミュニティは、バージョン5への移行を推奨していますが、中規模〜大規模のシステムにおいてはこの移行は容易ではなく、プログラム修正やテスト工程にかなりのコストがかかります。

また、現在既に、バージョン5にて修正がリリースされたセキュリティ上のいくつかの問題について、バージョン4では対応がされていないという実態もあります。

そこで、SRA OSS は「PHP4セキュリティ保守サービス」としてPHPバージョン5系の最新バージョンにてセキュリティ修正リリースが発表された問題について、PHPバージョン4での影響を調査・報告し、回避策の提示、可能であればバックポートした修正パッチを提供するサービスを実施します。これにより、PHPバージョン4を利用しているユーザに以下のようなメリットをもたらします。

「PHP4セキュリティ保守サービス」は、販売を本日より、サービスを12月1日より開始します。

サービスの詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.sraoss.co.jp/prod_serv/support/php4-security.php

製品・サービスに関するお問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 営業担当
Tel: 03-5951-1191
E-mail:

報道機関からのお問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 稲葉
Tel: 03-5951-1191
E-mail:

※本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。