succes story salessucces story marketing

添付ファイル内文字列を全文検索
添付ファイル内文字列を全文検索
(クリックで拡大)

数万、数十万件のメールをため込んでいても、本文のキーワードから瞬時に目的のメールを探し出せます。

件名、差出人、宛先、日付などの条件で検索結果を絞り込むこともできます。

Word、Excel、PowerPoint、OpenOffice.org、PDF などの添付ファイルの中身、さらに zip アーカイブファイルの中身も検索できます。

全文検索インデックスはリアルタイムに更新されるので、メールを受信した直後から検索することができます。

Sylpheed Pro 2.0 では、本文の前方一致検索が可能になり、「メールボックス」が「メール」というキーワードで検索できない、などの検索漏れが少なくなりました。

スケジューラー
スケジューラー
(クリックで拡大)

Sylpheed Pro 2.0 からスケジュール管理機能を新たに搭載しました。シンプルな操作で簡単に個人スケジュールを管理できます。

すでに Google カレンダーを利用している場合、Google カレンダーとの同期を行うことができます。Google カレンダー上の予定を Sylpheed Pro で表示したり、Sylpheed Pro で追加した予定を Google カレンダーに反映させたりすることができます。

その他にも、メールから予定を作成してメールと予定を関連付けたり、予定の時刻が近づいたらメールとダイアログで通知したり、参加者のメールアドレスにメールを送信することができます。

メールに添付されていたり、Web で公開されている iCalendar (.ics) ファイルをインポートすることも可能です。

添付ファイル内文字列を全文検索
デスクトップ上のファイルを全文検索
(クリックで拡大)

Sylpheed Pro はメールの検索だけでなく、ディスク上に保存されている様々なファイルの全文検索も行うことができます。

セットアップ時にデスクトップ検索を有効にすると、バックグラウンドで定期的にインデックスの作成を行います。インデックス化されたファイルはメールと同様に検索できるようになります。

初期設定では「マイ ドキュメント」フォルダとデスクトップ上のファイルが検索対象になります。対象フォルダと、その中から除外するフォルダは自由に追加することができます。

Outlook Express からの移行はとても簡単です。Sylpheed Pro を最初に起動したときにメールデータとアドレス帳を自動的にインポートすることができます。

それ以外にも、Windows メール、Windows Live メールの eml 形式のメールデータや、Unix mbox 形式のメールデータもインポート可能です。

アドレス帳については、CSV 形式で出力したファイル、LDIF ファイルがインポートできます。

動作環境

Sylpheed Pro が動作する環境は以下のとおりです。

  • 対応OS
    • windows Microsoft Windows XP / Vista / 7 / 8 (最新 SP 推奨)
    • linuxUbuntu 10.04 LTS / 12.04 LTS 32bit/64bit デスクトップ版
  • RAM 512MB 以上 (1GB 以上推奨)
  • 十分な空き容量の HDD

Sylpheed Pro 2 の特長

  • 全文検索機能の強化
  • スケジュール管理機能
  • デスクトップ検索
  • 簡単な移行
  • アドレス帳
  • 自動アップデート
  • その他の改良

詳しくはSylpheed Pro 2 の特長のページへ

twitter

新着情報

≫ 新着情報の一覧

Ascii.jp