イベント・セミナー

PostgreSQL Conference China 2016 参加レポート

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部
彭 博 (ペン ボ)

はじめに

会場受付前
会場受付前

SRA OSS, Inc. 日本支社は 2016 年 10 月 27 日〜 28 日、中国上海浦東新区の Holiday Inn Shanghai Pudong で開催された中国 PostgreSQL ユーザ会 (China Postgres User Group、略称: CPUG) 主催の PostgreSQL Conference China 2016 (PG 大象会) に参加しました。 PostgreSQL に関して中国最大規模のカンファレンスで、今年は 6 度目の開催になります。

今回のカンファレンスは「PostGIS + JSON によるモバイルインターネット、モノのインターネット (Internet of Things) 発展の加速」、「PostgreSQL への移行ノウハウの共有」、「PostgreSQL 分散型アーキテクチャの設計 (Postgres-XC/XL/X2/XZ、Greenplumn、CitusDB など)」、「他のオープンソースコミュニティとのつながり」、「PostgreSQL 技術の応用」という 5 つのテーマに分かれ、全 36 セッションありました。

オープニングスピーチ

Scott 氏によるオープニングスピーチ
Scott 氏によるオープニングスピーチ

オープンニングスピーチでは、中国 PostgreSQL ユーザ会の Scott 氏が「中国における PostgreSQL の発展は速く、今後の動向が期待できる」と語りました。 また、今回のカンファレンスは PostgreSQL 生誕 20 周年を祝う、中国にて PostgreSQL 発展の新たなスタートというコンセプトを伝え、会場を盛り上げました。

次に、Ping An Technology の Chen Liming 氏が登壇し、Ping An Group による近年の PostgreSQL 分野での取り組み、および Ping An Group を中国最大の PostgreSQL ユーザへ成長させた経験を紹介しました。

基調講演

基調講演では「PostgreSQL の過去と現在」 と 「金融分野における PostgreSQL の導入」という2つの講演が行われました。

「PostgreSQL の過去と現在」

PostgreSQL 業界で有名な中国 PostgreSQL ユーザ会の Zhou Zhengzhong 氏が PostgreSQL 進化の歴史を振り返り、各バージョンの注目機能を以下のように説明しました。

Zhou Zhengzhong 氏による基調講演: PostgreSQL の過去と現在
Zhou Zhengzhong 氏による基調講演:
PostgreSQL の過去と現在

最後に、コミュニティの一員として、中国コミュニティの役割、活動および将来のビジョンについて語りました。

「金融分野における PostgreSQL の活用」

次に、Ping An Technology の Wang Yang 氏が、Ping An Group での PostgreSQL の活用、推進の取り組み、経験とノウハウを参加者と共有しました。

Wang Yang 氏による基調講演: 金融分野における PostgreSQL の活用
Wang Yang 氏による基調講演:
金融分野における PostgreSQL の活用

高度な信頼性・安定性が求められる金融企業である Ping An Group が PostgreSQL を採用、積極的に活用した理由について、Wang Yang 氏がを次のように話しました。

「近年、低コストで自由に導入できるオープンソース分野が注目されています。 市場の変化が速く、企業の競争力を高めるために、積極的にオープンソースを活用することが欠かせません。 PostgreSQL はただコスト面でのメリットだけではなく、世界中の開発者たちが機能追加と性能改善し続け、商用 RDBMS に匹敵するデータベースに進化・成長させてきました。」

また、「金融システムの要件」、「戦略」、「ノウハウの蓄積と活用」という 3 つに分けて金融分野での PostgreSQL 導入で工夫したこと、および運用保守の現状などを紹介しました。

講演終了後の Q&A タイムで、多くの参加者による質問が行われ、会場が再度盛り上がりました。 今回のカンファレンスでは参加者同士が意見を交わし、よいコミュニケーションの場となっていると感じました。

セッション紹介

ここでは、筆者が聴講したものから一部紹介いたします。

Tang Cheng 氏による講演: データベースで MVCC の実現
Tang Cheng 氏による講演:
データベースで MVCC の実現
金融セッションの様子
金融セッションの様子

「WeChat Pay で PostgreSQL の応用」

Li Yuesen 氏が WeChat Pay (WeChat は日本でいう LINE のようなチャットアプリ、WeChat Pay はその利用者向けのモバイル決済サービス) で Postgres-XZ (PGXZ) の活用により、データ分散を果たし、パーティションテーブルなどの処理が大幅に性能向上した例を紹介しました。 また、運用・保守で様々な問題の対処、例えば、バックアップ、インデックスの膨張状態時の対策、オンライン VACUUM FULL などについて紹介しました。

その後、参加者から多くの質問があり、活発な質疑応答が行われました。 「WeChat」は中国での利用者が 9 億人で、そのうち 4 億人が「WeChat Payment」サービスを利用しているそうです。 今後、PostgreSQL が SNS、モバイル決済分野での応用が期待できると感銘しました。

「データベースで MVCC の実現」

Tang Cheng 氏による MVCC (多版型同時実行制御) 機能の仕組み、および InnoDB、Oracle、PostgreSQL がそれぞれどう MVCC を実現しているかが詳しく紹介されました。 各 DB での MVCC 処理の違い、仕組みを理解するのにたいへん役に立ちました。

「金融業界での PostgreSQL の応用」

このセッションは他のセッションと異なって、グループ形式になり、交流しやすい雰囲気の中で Ping An Group の PostgreSQL 技術者たちによる講演が行われました。

上記で紹介したセッション講演以外にも、「商用 DB から PostgreSQL への移行経験とノウハウ」、「FDW による PostgreSQL のシャーディング」、「Oracle から PostgreSQL/Greenplum へのデータ移行と改善」、「PostgreSQL ソースコードから学ぶ」など様々な素晴らしい講演が行われました。

配布された T シャツ、参加証、象のキーホルダー
配布された T シャツ、参加証、象のキーホルダー

終わりに

今回のカンファレンスを参加することを通じて、カンファレンスの参加者およびスポンサーの多くが PostgreSQL の技術開発側から企業側に代わって、オープンソース分野および PostgreSQL が多くの企業に注目されていることを実感しました。

PostgreSQL 誕生から 20 周年、コミュニティに支えられ、世界中の開発者が開発を続けてきたため、PostgreSQL が商用データベースと匹敵する高可用性、高信頼性のデータベースに成長してきました。 今後、PostgreSQL のさらなる進化、様々な分野での展開、新たなビジネスが創造されることを確信しています。

また、来年の PostgreSQL (大象会) の開催が楽しみです。